2007年10月12日

六角でのリップシンクその1

軽量データが出来たら詳しくやりますが
先にちょっとリップシンクのやり方を
簡単に説明。

071012-1.jpg

モーフベースは顔の上半分、下半分に分けて設定します、
これは口ぱくを設定した後で
目の表情を入れたほうが楽なので。
口の形状は母音の形をモーフターゲットにするのですが、
大きめに口を開けた歌声の形と
小さく口を開けた普通の形に分け、
口をちょっとだけ開けた「少し口を閉じる」の形を
ターゲットに設定します。

071012-2.jpg

波形ソフトは定番のフリーソフト「Sound Engine Free」
を使用します。
リップシンクさせたい音源を読み込ませたら
上の丸で囲んだ一秒の位置と六角のアニメーションウインドの
30フレーム目(アニメーションの描画数設定は秒間30枚に設定必要)が一致するよう、「Sound Engine Free」の
拡大ボタンを押します。
押す回数は音源の長さによって変わります。
(注 実際は完全に一致せず少し長さが違います、
作り進むにつれずれが大きくなりますので小まめに位置合わせが
必要になります。
071012-3.jpg

今回読み込ませた音源には前奏部分が少し入ってますが
後の波形は発声部になります。
発声部にフレームマークを移動させます。

071012-4.jpg

音源を聞きながらどういう発声をしてるか確認して
母音のターゲットのボタンを押し、口の形を変化させます。

071012-5.jpg

で、右クリックしてキーを追加。
さらにそのキーの2フレーム前にフレームマークを移動させて
今度は「小さく口を閉じる」のターゲットボタンを押して
小さく口を閉じさせ、そこにキーを追加します。

071012-6.jpg

071012-7.jpg

この歌声と小さく口を閉じさせたキー二つで
歌声のリップシンクのワンセットになります。
しゃべり声と違って歌声の場合は
フレーム間の距離がありますので
小さく口を閉じさせた形がないと
途中の補間に締りが無くなり、
何か物をくちゃくちゃ食べながらしゃべるような
動きになってしまいます。

だいたいこんな感じでどんどん発声ポイントに
キーを打っていきます。
簡単でしょ。

……面倒くさいけどw


ただ六角のモーフィングの補間にはバグがあります。
その回避方法はまた後ほど。
posted by キオ at 22:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 六角大王

2007年09月15日

手のモーフを作り直し

以前から気になってたんですが、今回初音ミクを
作るにあたって「手」のモーフターゲットを全部作り変えました。
握り締めるなどの形状を修正し、新たにターゲットを
いくつか追加。
前よりは良くなったとは思いますが、
根本的な問題解決を図るにはやはり一からモデリングを
やり直さないといけませんな〜
この「手」のデータ作ってから3年以上使いまわしてる……
070915.jpg
posted by キオ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 六角大王

2007年06月07日

アップデータ

六角大王5.5から5.6へのアップデータが出たようです。

六角大王Super5.6 Win版アップデーターのページ

中心に線が出る、曲面がチェック状の表示になる等の
不具合が気になったので5.2に戻してたんですが
表示も高速になってるらしいので
5.6にアップしてみますかな。
posted by キオ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 六角大王

2007年05月19日

六角カラーピッカーを使ってみた

さっそく六角カラーピッカーを使ってみました。

使い方の具体例として女の子のシャツに
どくろマークのプリントをつけます。
070519-0.jpg続きを読む
posted by キオ at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 六角大王